偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいのかな?

インフルエンザの特効薬《タミフル》が安定供給の目途がったつそうな。
《タミフル》は現在植物性原料を基に作られてるようだが、今回東大の教授が化学合成で生成するのに成功したそうだ。
しかも原料は石油なんだって。
ただでさえ副作用が強くてその使用に注意が必要なのに、石油を体内に取り込んで将来的に体内にその物質が蓄積されて病変したりしないのかねえ~。
とかく現代人はあらゆる物に《抗菌》作用を施してしまい、人間が本来持ってる抵抗力などを激減させてしまっている。その結果がアレルギ~疾患であったり癌であったり・・・。
確かに強い薬で病原菌を一網打尽にやっつけてしまうのは病気を抱えた人にしてみれば心強いかもしれないが、やはり動物が本来持っている自然治癒力を高める効果のあるものをどんどん開発していったほうが良いように思う。
医学が進むのは歓迎だが、後々後悔するようなことにならないよう強く望みます。





以下朝日新聞ホ~ムペ~ジより。

タミフルの化学合成に成功
原料は石油、安定供給に道


インフルエンザの抗ウイルス薬で、新型発生時の切り札として各国が備蓄を進めるタミフルの成分を、植物原料を用いずに石油から化学合成する方法を東京大の柴崎正勝教授(薬品合成化学)らの研究グループが、25日までに開発した。
現在タミフルは、トウシキミという木の実で中華料理に使われる「八角」の成分「シキミ酸」を原料に、10回の化学反応を経て生産されているが、柴崎教授らの方法ではシキミ酸を経由せずに作れるという。
植物原料は気候によって収穫量が左右されやすいため、大量備蓄が必要なタミフルの化学合成による生産が可能になれば、安定供給につながる成果として期待される。
柴崎教授らはベンゼンに似た構造を持つ「1、4―シクロヘキサジエン」と呼ばれる石油化学製品を原料に「不斉触媒」と呼ばれる特殊な触媒を用いて合成に成功した。



スポンサーサイト

天使の詩

フランク・ローレンツェンの天使の詩。
ある事が切欠で聞くようになったCD。
今流行のヒ~リングミュ~ジック。
ノリノリの曲でガンガン仕事するのも良いけど、偶にはリラックス出来るBGMで仕事するのもまんざらではなくなってきた。
溜まったストレスを爆発させるのではなく、《癒し》の時間を作って心底リラックスしたほうがスッキリするような・・・。
月一で行く治療院でも当然この手のヒ~リングミュ~ジックがBGMで流れてる。
そんな中で体をリフレッシュさせて貰い、色んな説法(?)を聴くと何だか《徳》を積んだような気持ちになる。
歳食っちゃったのかなあ~・・・(笑)





prp0040.jpeg

試聴が出来ますです。
http://www.relax-garden.com/item/list.php?genre=3&no=PRP-0040

金~♪

やったぜ《金》っ!!!

おめでとう荒川!!!


いやあ~早朝から感激しましたねえ~。
ようやく君が代が聞けれました。
遅めの朝散の前にTVを付けたら丁度コ~エン選手が滑り始めたとこで、悪いと思いながら「転びますように・・・」なあ~んて念じちゃいました。そしたらなな何と、念が通じたのかこけちゃいましたねえ~。
その後の荒川選手の滑りには当然「転びませんように・・・」と念じたのは当然。これまた念が通じたのか大きなミスも無く伸び伸びと滑りTOPに。荒川選手が滑り終わってからショ~トカットで朝散を終え、帰宅すると直ぐにTVの前に。
これまた丁度スルツカヤ選手が演技スタ~ト。
ここでも申し訳ないと思いつつ(笑)「転びますように・・・」と念。
前半の3回転ジャンプが決まったので銀かなあ~と思っていたら、やっぱ念が強かったのかこけちゃいましたねえ~。
トリノオリンピック日本選手唯一の金メダルリストの誕生です。
感動感動感動でしたな。
日本中の多くの人がきっとライバル選手がこけちゃうように念じてたと思う。
目に見えない力ってやっぱあるんだなあ~と実感しましたです。
今日は1日、良い日になりそう♪




RTR200602240126.jpeg

製菓祭

冷たい雨の中、午前中に製菓祭に。
11時からなんだけど15分ぐらい前に着いたにも拘らず、既に入り口には10数人の列が。でも平日なのでそれほど並ばずに売り切れ続出のテイクアウトコ~ナ~へ。
焼菓子類1袋\50。パン1個\100(食パンやバゲットも!)。どちらも一人10個までなので、カミさんと上限の10個ずつ合わせて40個購入。
それからゆっくりと作品展会場へ。
卒業制作のグル~プ作品は60センチ四方位の大作で、各クラス毎に3作品展示。3作品とも担任の先生が題材に取り上げてあった。
マジパンを使った細かな作品で担任の先生をメインにユ~モラスに描いてあった。なかなか手が込んでいて面白い。
個々の卒業作品もマジパンを多用している生徒の中で、我家の娘は少々シンプルで異色だった。
そのシンプルさが逆に色とりどりの沢山の作品の中では目だってたように思える。(親の欲目か?(笑))
昨年の進級作品に比べると、流石に技術的にも進歩が見られ親としては嬉しいものだ。
卒業まで1ヶ月を切り、パティシエになる夢に向かってより一層頑張って欲しいものですダ。





20060220200701.jpg

20060220200729.jpg

デ~ト?

本日、仕事を休んでカミさんとデ~ト(?)。
昨日・今日と下の娘の学校の製菓祭。
今年卒業の娘にとっては卒展も兼ねてるので見学に。
日曜日の昨日行っても良かったのだが、製菓の即売もあり何時も大盛況。人気アトラクション顔負けの待ち時間&行列。
近くのオフィスのOLさん達もお昼休みに行列に加わるそうな。
安価でメチャ美味なので仕方あるまい。
昨夕の地元TVニュ~スでも取り上げられてたそう。
娘自身では並んで買えないので、あれこれ注文されてしまいその行列に加わらなければならない。
あんまり並ぶのって好きじゃないんだけどなあ~。おまけに狭いとこにもって、この時期みんな着膨れしてるからね。(中には本当に膨れてるお方も居るけど・・・(笑))
昨年の娘の作品は今一だったけど、今年はカミさんの友人情報ではなかなかレベルが高かったそうだ。
1年の成果をしっかり見てくるだわさ。

製品化・・・

しちゃいました(笑)
お一つ如何?





20060217091614.jpg


装着後。どお?あんまり変わらないでしょ?(爆)
20060218212626.jpg






シリ~ズでありますのでお好みでどうぞ(笑)

20060218140412.jpg

湯たんぽ♪

先日から使ってる湯たんぽ。
幼少の頃の湯たんぽと言えば昔ながらのブリキ製。
金属だからゴツゴツして感触が悪い。
でも今は良い物が出回ってる。
ドイツ・ファシー社の製品で、PVC(塩化ビニ~ル)製で100℃~-20℃まで耐熱性がある。
国産の天然ゴム製品のものもあるけど、こちらは耐熱温度が60~70℃と劣る。
毎晩お風呂に入る前にお湯を沸かして湯たんぽをセット。
お腹を温めながら寝るんだけど、優しい暖かさで夢見も良いかも・・・。





116-3-300.jpeg

頑張れえ~!

『野並水害訴訟』の原告の一部住民が控訴を決めた。
大幅に人数は減ったけど、頑張って欲しい。
今回の判決に満足をした原告は一人も居ないけど、正直控訴するまでには至らないと思ってただけに少々驚きだ。
でも700人以上居ても本当に一生懸命になっていた人は、ほんのごく一部だ。お金だけ・・・って人が多いように思う。
なので逆に今回控訴に集まった30数名の方達のほうが団結力はあるのかもしれないなあ~。
『勝ち目は無い』とも言われているが、『水害訴訟に歴史に残る』裁判だそうだから頑張って欲しい。
仕事を放って裁判に集中する時間があればなあ~・・・。




中日新聞のHPの記事

野並水害訴訟 一部住民側が控訴へ
原告団33人に大幅縮小
 
二〇〇〇年九月の東海豪雨で浸水被害を受けた名古屋市天白区野並地区の住民らが、市の治水対策に落ち度があったとして市に損害賠償を求めた訴訟で、原告団の一部住民が十三日、原告敗訴の一審判決を不服として控訴することを決めた。十四日に名古屋高裁へ控訴手続きをする。原告団の人数は一審の七百二十六人(五十四法人を含む)から三十三人になり、損害賠償の総額は約七億六千九百万円から約三千三百万円になる見込み。
原告団の人数が大幅に減る見込みとなった理由について、同団は「これ以上訴訟を望まない人や、提訴したことで市の治水対策が進んだことに一定の評価をしている人が多かったため」と話す。新しい団長になる池上禎彦さん(63)は控訴理由について「判決内容に住民の意見が反映されていないことに不満を持っており、野並に水害が起きないためもう一度訴えたい」としている。

あの日に帰りたい・・・

BAMBIも2週間後には7歳。
早いねえ~。あっと言う間だよ。
これと言った苦労も無く順調(?)に過ごして来た7年間だが、やはりやり直せるなら・・・と思うことは多々ある。
でも今更やり直せる訳ではないので、これからも如何に楽しく過ごそうかと模索中・・・。




我家に来たての頃。トレ~ドマ~クの片耳はまだ立っていない・・・。
BAMBI.jpg

お参り・・・

今日は久々にカミさんとお地蔵さんのお参りに滋賀県の金剛輪寺へ。
望んでいたにも拘らず、この世に《生》を受けなかった子供の供養の《お地蔵さん》。
行かなきゃと思いつつ数年ぶりだ。
名古屋を出る時は暖かだったけど、やっぱお山は寒い。
雪が結構残っていた。
持って行ったブラシでお地蔵さんの体を綺麗にしてると、時々雲間から日が射す。ちゃんと来たのが判ってるんだろうかね。
長あ~~~い石段を登り本堂へ行き古いお札お納め、本堂の中を拝観しての帰り際に有難く《お線香》を頂いた。
何か心身清められた気持ちでカミさんと帰路へ。
だが小牧インタ~から名古屋高速に乗り継ぐつもりだったのに、話してる間に通過してしまった。なので仕方なく名古屋インタ~まで。
折角名古屋インタ~で降りたのなら義父の眠る平和公園にお参りに。
すると・・・ロウソクを立てる灯明筒のガラスの筒とお線香立てが無いっ!
周りを見渡すと同じようにガラスの筒が無かったり、割られたり、倒されたり・・・。
心無い馬鹿もんが悪戯したらしい。何とも罰当たりな!!!
近くの花屋さんで代わりを買って、金剛輪寺で頂いたお線香をあげて合掌。
偶々なのか、それとも悪戯されたのを知らせるために義父が自分達夫婦を呼んだとか?
悪戯には腹が立ったが、何とも清々しく《徳》を積んだような1日だった。チャンチャン♪

普通犬に・・・

忙しいうえに、心疾患。おまけに嘔吐騒ぎとで、ここ2週間ぐらい走り回ってないBAMBI。
マッチョ犬から普通のワンコになっちまいましたです。
筋肉って使わないと、あっと言う間に落ちちゃうねえ~。
心臓への負担を考えて朝散のスタ~トを遅らせると、必然的に散歩時間が短くなる。だから町内一周で終了時間に。
早く暖かくなって体力が戻り、外で走り回れるようにならないかねえ~。
マッチョじゃなくても、チョイムキおやじ犬で良いからさあ~(笑)

病気になって・・・

初めて気が付く健康の有難さ。
今まで大した病気をしていなかっただけに、今回の疾患発見は改めて『健康』の2文字の大切さを痛感させた。
昨夜、急に嘔吐を繰り返したBAMBI。
一時はその苦しさから体を急に横倒しに。慌てたよお~。
全身を擦りながら見守っていると20分位で落ち着き、その後は朝まで寝れたようだ。
やはり心疾患の事があるので朝一で獣医さんに。
吐瀉物の中に少量の異物が混入していたので、その影響かも?と言う診断。
直接心疾患の影響ではないとの事で一安心。心疾患は極々初期だもんね。
点滴と2本注射を打たれ経過観察。明朝まで異常が無ければ一過性のものかと言う事だった。
それにしても1週間の間に2回も通院するなんて初めての事。
小型犬って体が小さいので若く見えるけど、人間だともう40過ぎ。
やはりそれなりに老化は始まっている。そう言った目でこれからは一層注意深く見守らなければいけないね。
健康が一番!でも意外とそれを維持するのって大変かも・・・。

いやはや全く・・・


どうなってるんですかねえ~。
耐震偽装問題で姉歯元設計士以外の設計士による耐震偽装が発覚したそうな。
今朝の新聞には小学校の担任教師が女子生徒の着替え模様を盗撮しようとして捕まった。
ライブドア問題で若者がNETで株を売買し数億円も儲けてるのも初めて知った。
ちゃんと責任持った仕事しようよお~。ちゃんと額に汗して働こうよお~!!!

ご懐妊・・・

秋篠宮妃紀子さまが、ご懐妊されたそうだね。
《雅子さま》派としては素直にお祝いの気持ちになれないなあ~。
心的ストレスが一番良くないのに、それでなくても別居だの離婚だのと色々話題にされてるのに・・・。
皇位継承問題も議論されてる最中に・・・何故この時期に?
窮地に立たされてる皇太子ご夫妻の心痛を思うと、何だか色々な思惑があるように感じてしまう。こんな事を考えるのって不謹慎かな?





20060208092748.jpg

ご挨拶・・・

午後からコソ練場へご挨拶に。
BAMBIの心臓疾患が見つかってしまったので、その報告&退会願いに。
自分自身も中途半端な幕切れに少々後ろ髪を引かれるが、BAMBIの心的ストレスを考えると止むを得ない。
今後の治療の様子を見ながら、進行がなければ偶にコソコソ練の成果を見せに行くつもりだが・・・。
やっくんも訓練所の皆もかなり残念がっていた。
早いもので3年は通っていたものなあ~。
卒業していない《追及》は少しずつ継続して、出来れば合格点まで持って行きたい。勿論BAMBIの症状如何によってはこのままお終いにせざるをえない状況も考えられるが・・・。
どちらにしても少しの間ノンビリと経過観察の日々・・・かな?





今朝、名古屋も少しだけ雪化粧。もう少し降ってくれないと遊べやしないので、BAMBIうな垂れる・・・の図(笑)

20060205185146.jpg





名古屋製菓専門学校製菓祭のご案内
2006年2月19日(日)(11:00~16:00)/20日(月)(11:00~15:00)の2日間にわたり名古屋製菓専門学校(名古屋市中区CBCテレビ南)にて第8回製菓祭を開催いたします。
今年度のテーマは「アニバーサリー ~若きパティシエたちの挑戦~」です。
入場は無料です。
卒業制作展と人気のケーキ&焼き菓子の即売もありますが、結構な人気で毎回長蛇の列です。贅沢な食材の割りに安価ですからね。美味しいですよ。

何てことをっ!・・・

アメリカでヘロインに密輸にラブの子犬が使われた。
何と生きた子犬のお腹に3キロもの液体ヘロインを開腹手術で埋め込み、輸入後にまた開腹して取り出すと言うもの。
取り出した後の子犬の運命は?ちゃんと縫合して元気に飼われる予定だった?
実際は密輸入される事なく水際で捕まったんだけど、結局ヘロインは証拠物件として子犬の体外に。
10匹のうち6匹の体内に隠されており、そのうち3匹が感染症で死んでしまったそうな。
一体『命』と言うものを何と考えてるんだろう。
金に目が眩んだ傲慢な人間。何時かしっぺ返しが来るし、そんな奴はとっとと死刑にしてしまえ!などと思ってしまう・・・。



この子達のお腹に・・・
CNN200602020008.jpeg

こんな物が・・・
CNN200602020009.jpeg

ええ話・・・

3時のお茶の時に見たワイドショーで、ワンコ(黒ラブ)を溺愛していた飼い主さんが急逝してしまったら、そのワンコが全身真っ白になってしまったと言う話。
各界の専門家が色々分析していたけど、アルビノのように生まれつきなら判るが、中途から黒い毛が白くなる犬は見た事がないと言う。
もともと白かったのではと言う疑いで見ても、元来色の薄いラブは鼻の色素が薄い。
黒ラブのみ鼻の色が黒い。
実際の映像に映し出されたラブの鼻は真っ黒。
人間でも過度の精神的ショックを受けると頭髪が真っ白になることもあるので、きっとこの黒ラブも最愛の飼い主さんの死が相当なショックだったんじゃないかと言う結論に。
一方通行の愛ではなく、双方で愛される関係で居たいよね~。

見る目が・・・

BAMBIを見る目が変わってしまった。
今まで《健康》が当たり前に、《元気》が売りだっただけに疾患が見つかったお蔭(?)で普通に歩き普通に走れる姿に感動すら覚える。
人間もワンコも《健康》って大事だと改めて痛感する。

BAMBIも6歳。人間なら40って所ですな。
中年の域に入ったのだからそろそろ《労わり》も必要ですね。
人間も40過ぎた頃から徐々に体に異変が現れたりして、日ごろの手入れを怠ると取り返しのつかない事に。
運良くBAMBIは通常発見されないレベルで疾患が見つかったので、大事に至る前に治療が開始できた。
今回の病気を《悪》と考えずBAMBIとの関係を改めて見直す《善》と思うことにした。
前向きな姿勢が一番だから。

僧帽弁閉鎖不全症

昨夜判明したBAMBIの疾患名。
チョイト、いやかなりショックだったけどくよくよ考えてもどうしようもないので前向きに考える事に。
今回疾患が見つかったことには数々の偶然が。運命的なことにも感じられる。
実際、ん?と思ってた症状は昨年秋頃から。
普段嘔吐する時は「ウングッウングッ」と言った後に吐いていたのだが、秋頃から喉に何か引っかかったような咳(?)をして、痰を吐くように嘔吐する事があった。
何日も続くような症状でもなく、その場限りで治まっていたので一過性のものかと・・・。
で、先日の休日にカミさんの実家に遊びに行き、お袋さんの友人がワンコを飼ってる娘夫婦の為にと持って来てくれた毎日新聞発行の『毎日ペット新聞』なるもの。
此処の『何でも悩み相談室』に掲載されていた記事にカミさんが着目。『喉に何か引っかかったような咳をするのですが・・・』と言う内容。
まさしくBAMBIの症状と同じだ!
偶々その休日にコソ練があり、BAMBIが一番恐れる(笑)やっくんに会い緊張の余りその『咳』が出た。
その後に貰ったペット新聞。
昨日、やはり気になったので獣医さんへ。
掛かりつけの獣医さんは3箇所に分院を持つ個人病院。
昨夜は偶々院長先生初め3人の獣医さんが居られた。
3人が3人とも聴診で心音に雑音が診られないので心配は無いと仰る。
「不安があるならエコ~をとってみます?」と言われたので、不安解消の為にとお願いした。
此処で又偶然の一つ。
昨夜丁度心臓疾患に強い獣医師が居合わせた事。
二つ目。
未だあまり普及されていない『カラ~ドプラエコ~』と言う最新鋭機がその獣医さんに最近導入されていたこと。
色々な偶然が重なって、普通では発見され難い極々初期の段階で『僧帽弁閉鎖不全症』発見に至った。
心臓疾患が発見されたことはかなりのショックだったが、偶然が重なって初期段階で見つかったことにはただただ感謝。
ラッキ~だったとしか言えない。
この疾患、完治することは無く手術も出来ないらしい。
投薬によって病気の進行を遅らせたり症状の軽減をすることしか出来ないようだ。
かと言って病気を理由にインドアに閉じ込めておくような犬生を送らせることはしたくない。
少しでも内容の濃い犬生を送らせる事が使命だと思っている。
これからもアウトドアで一杯笑顔が見れるような機会を作って、楽しい時間を過ごすのだ!

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。