偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着心地は?

やっぱり良くないみたい。
パッチが両面テープで貼り付けてあるためか、それともベスト自体が窮屈なのか、やはり動きがぎこちない。
3日間の計測のうちの1日が終了しただけ。
明日2日目の計測開始だから、後3日は装着したまま。
もう少しの辛抱だよ、BAMBI。





20061231141715.jpg


20061231141657.jpg


20061231141705.jpg

スポンサーサイト

間に合った・・・

何とか今朝には36度台にまで下がり、お正月に間に合いそう。
ただ体力は全くと言って良いほど落ちている。
本当に今年の夏以降は色々あったなあ~。
特に『健康』を、BAMBIともども嫌と言うほど考えさせられる年に。
来年こそ今年の教訓を活かし、平穏な1年にしたいものです。
あと13時間ほどで2006年も終わり。
遅れてる仕事を少しでも片付けるためにもう一分張り!

ホルター心電図

昨夜ホルター心電図の装置を着けてもらいに獣医さんに。
と思ったら説明を受けただけで自分でやる羽目に。ま、簡単そうだから良いのだけど。
5ヶ所の電極を固定するために剃毛。胸周りはサッパリと。
計測は朝9時から24時間と5分。
この5分、誤差があるといけないから5分延長にという意味らしく『24時間以上』って事です。
それを3回計測してデーター取り。
そうだよね、1日だけじゃしっかり判らないですからね。
この3回の計測でも場合によっては何も異常が見つからない場合もあるそうです。
一番ベストなのは計測中に軽い発作でもあること。
かと言って無理に心臓バクバクさせるのは良くないので、後は運に任せるのみ。
ライジャケをきるのに慣れてるから大丈夫かと思ってたけど、いざ装着すると固まる。
貼り付けた電極やコードが気になるのかなあ~。
脱ごうとせずに大人しいのは有難いけど、ま時間が経てば慣れて来ると思われます。
装着画像はまた後ほど撮ったらUPいたしまする。
本日も38度越え継続中。正月までに治るのかあ~~~???!!!

予想通り・・・

今朝は薄っすらと雪景色。
一時吹雪いた時もあったが、ようやく太陽が出て来た。寒う~~~~!
今朝の朝散はパス。カミさんに行って貰った。
昨夜から不覚にも発熱。
ダルさも悪寒もないのでそんなに酷くないと思って測ってみたら、38.5度。ありゃりゃ、やっちまっただよお~。
でも仕事が詰まって休めないのでしっかり着込んで今日も仕事に。
気合だ!気合だ!!気合だあああ~~~!!!(笑)

昨夜掛かりつけの動物病院の院長先生から電話。
ホルター心電図の装置が入ったそうだ。
年越しにと思っていたのが、年内に治療の方向性が見えるかも。
結果は如何出るか判らないけど、ビクビクしながら過ごすよりはある意味安心してお正月が過ごせるかも。
24時間装着なので明日の夜には結果が?
またドキドキの1日だあ~。

いよいよ・・・

残す所あと3日ですね。
なのに年賀状&大掃除どころか仕事さえ終えられない現状。
勝手の良いもので、仕事先は休みに入るのでその休み中に修理だの設計変更だのをしておきたいようだ。
例年の事だけど今年は特に酷い。
今日1型出荷し、明日午後から1型。
明日午後から1型入荷するんで、早急に直して明後日午後から出荷。
年内の出荷はこれで終わりだが、年明け5日に1型、6日に1型、9・10日に1型ずつ出荷。
おまけに今日年明け迄に化粧用小物入れケースのデザインの依頼があった。
おいおい、正月休ませて貰えるのか?
暖冬で正月気分が出ては来ないが、3が日ぐらいは休みたいよお~。
とは言っても下の娘はお年賀用ケーキ作りで3が日も出勤である。
親も頑張る姿を見せれば子も頑張るでしょ?!
と理由をつけてお尻を叩いてますです。トホホ・・・。
今夜から寒波襲来で平野部でも雪が舞うそうな。
何時もなら積雪を喜ぶんだけど、今年ばっかりはBAMBIの体調を考慮すると雪なんぞ降って欲しくない。
ましてや積雪なんて事になったら迷惑なんだよなあ~。
スキー場関係者の方には悪いけど・・・。

一夜明けて・・

今朝、昨日の専門ドクターでの検査結果報告類を持って掛かり付けの病院に行って来ましたです。
エコーに写っていたコブ状の異変が見つからなかった事に少し不安げでしたし、昨日も指摘された不整脈の原因究明のために年明けにホルター心電図をお願いして来た。
今回の2箇所の獣医さんでの心電図検査では数分の測定であり、不整脈の兆候は見てとれるものの原因究明至るには長い時間測定する必要があるのです。
ホルター心電図は24時間装置を装着したまま生活し、24時間の心臓の異変を監視しようと言うもの。
動物用はベストみたいなものに装置が装備してあり、それを着衣して測ります。
当然散歩もそれを着けたまま。
昨夜はとにかく心臓自体に病変が無かったと聞き喜んではいたものの、不安が一掃された訳ではないのでした。
倒れてしまうほどなんだから、全く何も無いってのも可笑しいですからね。まだまだ目が離せないです。

来た来たあ~♪

BAMBIにもサンタがっ!
重篤な心疾患は見つかりませんでしたあ~!!!
滅茶苦茶嬉しいなり。
《コブ》は一体何だったのかは判らないけど、沢山の激励&心配のメッセ~ジのお陰で無事生還いたしましたですっ!
ただ、不整脈は見受けられるので24時間心電図を測定する検査は受けたほうが良いらしいです。
でもでも手術を必要とするような疾患は皆無だったので、これ以上の結果は無いですダ。
良かったよお~、嬉しいクリスマスが送れて。
もし疾患が見つかったら大変な事になってたもんね。
《僧帽便閉鎖不全症》についても未だその病名を付けるに至らないほどの微量の血液の逆流なので、今の治療を続けていれば心配無用だそうです。
お迎えの車の運転も徹夜明けで辛かったけど、帰りの運転は苦にならなかったなりよ。
人間って現金なものですな。
とにかく感謝感謝!!!

検査入院-2

今朝、徹夜明けでフラフラでしたが専門ドクターの診察を受けに行って来ましたです。
午後の休診時間に詳しく検査をしたいとの事で、またもや半日検査入院です。
今夜7時過ぎに迎えに行き、診察内容を聞く事になります。
嬉しいクリスマスプレゼントになるかな?

今夜は・・・

クリスマスイブなんですねえ~。
と言っても自分は今夜は仕事で徹夜になりそう。
パティシエ1年目の下の娘も今夜がピークで、日付が替わらないと帰れない。
昨夜も1時近くだったし。
ケーキ屋さんにとって1年を通して1番の書き入れ時だからね。
1年目の新米と言えども、関係なく深夜までケーキを作り続けるのだそうな。
でも23~25日の3日間を乗り切れば2週間振りの定休日。
あと少しだ頑張れえ~!
あなた達パティシエさんのお陰で楽しいクリスマスの夜を過ごしている子ども達が居るのですからね。

今日のBAMBIも1日落ち着いていた。
明日は徹夜明けになりそうだけど、気合で病院に連れて行かなくっちゃ。
先日の発作で延び延びになっていたシャンプーを昼休みに決行。
日中は結構暖かかったし、発作も治まってたからね。
明日の診察結果でどうなるかも判らないので綺麗にしておかなくっちゃね。
心疾患を持っている場合、シャワーも結構心臓のストレスになるらしい。
症状の酷い場合は心疾患を良く把握しているトリマーさんにお願いしたほうが良いんですと。
明日のクリスマス、BAMBIにサンタが朗報持ってやって来るのでしょうか?ドキドキ。

相変わらず・・・

時々軽い咳はするものの、発作と呼ぶ様な症状は治まってる。
投薬もしていないのだから、有難い事です。
このまま・・・と思っちゃいけないんだよね。
内科的なものじゃないから自然治癒力とかでは治らないし、原因を取り除かないと何度も繰り返すんだよね。
リスクの少ない治療方法があると良いなあ~・・・と切に思う。
25日も強運振りを発揮して欲しいなあ~。

皆さんから・・・

沢山の励ましのお言葉&ご心配、大変有難いです。
ありがとうございます。
発作が起きるような状況にならない限り、至って普通にしておりますのでご心配なく。
でもその平穏な環境を維持するのが結構多難なんですな。
外からの侵入者(宅急便の方を含め)全てに反応しますからね。
顔馴染みさんには吠えないんだけど、それでも「ピンポン♪」って鳴ると一通り吠えますからね。
番犬の役割はきちっと果たしてくれてるのは良いのだけど、安静を余儀なくされてる場合は困っちゃいますよね~。


何とか今日は発作も起きずに終われそう。
何でも無い1日が、何と嬉しいんだろう。
改めて健康の有難さを感じる。
色々調べて行くうちに、色んな事が判って来た。
何故酷い発作が夜に起こるのか。
夜になると当然ワンコも寝ます。
寝ると下肢に流れていた血液が身体のほうに溜まるので必然的に心臓に負担が掛かるのだそうだ。
心疾患が酷くなるにつれ、横になって寝るのが辛くなり『伏せ』の状態で寝る。
さらに進行すると『お座り』の状態で首だけ前に垂らして寝るんだそうだ。
BAMBIはまだまだ横になって寝てるし、時にはヘソ天で寝てるからそんなに深刻な状態ではないって事かな?
有難い・・・。

↓で強気に言ってみたものの・・・

本日またもや発作が。
今日も自分が居合わせない場面なのだけど、BAMBIが日中過ごす居間から見える所を野良猫が横切ったそうな。
勿論見つけたBAMBIは激怒。
吠え捲くって部屋の中をあっちこっちと走り回る。
当然心臓はバクバクしているので、フラフラっとしてその場にバタンと倒れてしまったそうだ。
直ぐに回復したそうだが、こうも頻繁に起こってしまうようではねえ~。
今週は仕事が忙しくて時間が取れないので、来週早々に専門ドクターに診て貰えるよう院長先生にお願いしておいた。
BAMBI、もう少し頑張るんだよお~。

やっぱラッキ~?

昨日獣医さんで話題に上がった名古屋で開業されている循環器系の専門医を調べた所、日本に3人しか居ないスペシャリストだったよ。http://www.mars.dti.ne.jp/~pike/docs/books/doctor2/contents_d2.html
そんな『名医』と呼べるお方が地元に居られるってのは、やっぱ恵まれてるよね。ラッキ~だよね。
しかも車で30分も掛からないような御近所さんなので、大助かり。
これもBAMBIの強運の一つだと感謝感謝!
病気が判明したのは悲しい事かもしれないけど何れも早期発見出来てること治療環境に恵まれてる事など等、考えてみればラッキ~な事だらけ。
人も動物も『生かされてる』って感じますです。
良く昔から『お天道様が見て御座る』と言うけど、地道に真面目にやっていれば必ず良い方向に向かうって事ですね。
まだまだこれから問題山積みだけど、頑張らねばっ!

昨夜は・・・

発作もなく、平穏な夜でした。
でも時々咳(?)が出たりしてるので、まだまだ安心出来ないな。
とりあえず今の所不整脈の治療はしていないのだから興奮させない事が第一。
散歩もトレーナーに防寒コートの2枚重ねでしっかり防寒して、30分ほどのショートコース。なんだか味気ないなあ~・・・。
さてさて、これから何がBAMBIにとって日々の暮らしの中で楽しみになるのか模索しなくっちゃいけないな。
ただ食っちゃ寝、食っちゃ寝の毎日じゃあ~ね。

新たに・・・

心配の種が出来ちまいましたです。
先程獣医さんから《お迎え依頼》の電話を院長先生直々に頂き、めっちゃ不安を抱きながら行って来ましたです。
先ずは血液検査結果。
白血球が異常に高く、膀胱炎が発覚。
ここんとこ尿検査をしていなかったからかなあ~。
尿失禁の原因の一つは膀胱炎らしい。
でもこんな疾患は投薬で治るものなので心配なし。
問題はやはり心臓。
心電図の結果、不整脈が発覚。
不整脈が起こっている時ではないのでハッキリとしたものではないが、その兆候がはっきりと見て取れたようだ。
そこで時間をかけてエコ~を入念に診て頂いた結果、左心室に異常が。通常心室は何も無くツルっとしているのだが、BAMBIの心室には『コブ』のようなものが。
これが血流を妨げて不整脈を起こし発作を引き起こしてるのか、現段階では判断出来ないとの事。
『僧帽弁閉鎖不全症』事態は全く進行していなかったので、今回のような発作の直接の原因ではないらしい。
要経過観察で、とりあえず膀胱炎治療の投薬をして来週月曜日に再診。それまでに又発作が起きる様であれば心臓の専門医が此処名古屋に一人居られるので、データーを送って診て頂くか直接BAMBIを連れて行く事になるそうです。
とにかく掛かり付けの病院では前例の無い心臓の形状なようで、この『コブ』が病的なものなのか先天的なもので問題が無いものかは専門医でないと判断出来ないそうです。
『僧帽弁閉鎖不全症』が投薬で治まってるから、運動もバンバン出来ると信じてたのになあ~。
不整脈があると判ると運動制限は避けられないなあ~。
でもでもBAMBIにはまだまだしっかり家族の一員で居て貰わなくてはならないので、運動制限ぐらいで元気に過ごせるのであればそれも運命。
しっかり受け止めて前向きに考えねば。
結果は喜べないけど、とにかく原因が少し判っただけでも良かった。

検査入院・・・

一昨日のような激しい発作&嘔吐は無かったものの、昨夜の来客時に少々興奮し軽い発作。
自分は仕事中だったのでその場に居合わせなかったけど、カミさんに抱かれながら失神(?)した時に失禁してしまったらしい。
なので朝一で獣医さんに診て貰い。心電図・血液検査・エコー検査のため半日検査入院。
お腹を壊してる訳ではないので、やはり疑われるのは心臓みたい。
院長先生がしきりに目を確認していたけど、脳の疾患の疑いは無いようだ。
でも心音は昨日の診察時も雑音もないって言ってたので、僧帽弁閉鎖不全症以外の疾患なのかなあ~。
運動制限が下されたりしたら嫌だなあ~。
勿論走り回れないBAMBIも可哀相だけど、アウトドア派の自分にとっても少々ブル~だよなあ~。
夕方迎えに行くまで、長い1日になりそう・・・。

原因は?

此処の所調子が良かったBAMBI。
昨日(今日?)の夜中2時半過ぎに以前と同じ様に突然嘔吐を繰り返し、立って居られなく2回ほどその場に倒れて痙攣。
倒れながらも繰り返し嘔吐。
3時過ぎに要約胃の中が空になったのか嘔吐は無くなったが、朝方まで吐き気をもよおしていた。
朝の散歩も行きたがらないので自宅駐車場でオシッコだけさせ、朝食抜きで獣医さんに。
診察の結果、原因不明。
心臓には雑音もなく、触診でもお腹を痛がる様子もなく、熱もなく、触診でのリンパ腺の腫れも見受けられず、今日の所は吐き気止めと鎮静剤の入った点滴で様子を見る事に。
夜まで治まっていれば一過性のものだろうから心配要らないとの事。
もし未だ治まらないようなら色々検査してみましょうという事になった。
別に普段からフードの《亀》しか与えてないし、おやつも《亀》なので何ら変わったもの等与えてないのにねえ~。
昨日の夕散も別段変わりはなく、うんP問題なし。
夕飯も普段通りに完食し、具合が悪そうになかったのになあ~。
今流行のノロウイルスなのか・・・なんて思ったりもして・・・。
飼い主共々、もう中年だからね。
色んな所に今迄のシワ寄せみたいなのが出てくる頃なのかも。
とにかくこのまま治まって元気になって欲しいものだ。




今日獣医さんから聞いた話。
アメリカでは1歳未満のジャック・ラッセル・テリアには血統書が作成されないとか。
1歳を過ぎて何も先天性の疾患が現れなかった場合、初めて血統書が作られるそうだ。
JKCでもジャック・ラッセル・テリアの登録などはアメリカの基準に準じるのかと尋ねたところ、「日本ではそうした動きはありません」との事でした。
ブリーディングに関しては日本はかなり後進国なようです。

広島のドッグパークの問題も、何やら変な方向に話が行っちゃってるね。
人間ってなんで《お金》や《物》が絡むと、こうも進むべき道を外しちゃうのかなあ~。
今の所どちらが正しい(?)のか良く判らないけど、どちらにしてもワンコ達には「幸せな落ち着いた環境を!」と思うのであります。

参った参った・・・

バタバタしてる間にもう12月も11日だよ。
年賀状どころか、オリーブの木にクリスマスの電飾を飾れやしない。
忙しいのは有難いが、やはり少しはゆとりもないとね。
BAMBIの朝散もすっかり歩き散歩のみになってしまった。
体重こそベストをキープしてはいるものの、やはり運動不足だよなあ~。
自分も疲れ&ストレスの蓄積で体調もスッキリしないし。
年内のバタバタも後2週間で片付くので、あとチョット頑張ろう!

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。