偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35℃

今日の気温。
やっぱり夏は暑いほうが良い。
暑いほうが体が動く。
一昨日。結局夜になっても体調は優れず、昨日の朝は冷えから腰が張って起き上がるのに少々痛みが。
ぎっくり腰ではないので、動き始めると大丈夫。
昨夜は遠赤マットで腰を暖めてから寝たら、今朝にはすっかり回復。
35℃の今日も、勿論扇風機だけで十分過ごせる。
時折吹き込む自然な風が心地良い。
3時のお茶の時間にアイスクリームなんぞも食べたりはするのだが、食べ終わると熱いお茶を飲む。意味が無いようだが、やっぱ夏には冷菓を食べたいのだ。
冷たいものは食べたいのだが、体を冷やしちゃいけないので熱いお茶を飲む。
たまらなく幸せ♪
スポンサーサイト

順応しきれません!

連日36℃だの37℃だのの猛暑が続くので体が順応。
27℃の熱帯夜でも扇風機無しで(寝室にもエアコンが無いので)、自然の風が心地よく感じよく寝れる。
がしかし、そのせいで少し気温が下がると肌寒く感じてしまう。
今日は午前中から雷が鳴り、滅茶苦茶涼しいので30℃以下だろうと思ったら最高気温は33℃を越えてた。
今朝、胃潰瘍治療の薬を貰いに掛かり付けの病院へ行った時も、エアコンがギンギンに効いていてエアコンの風が体に当たると冷えて肩が凝りそうになるし体調が可笑しくなりそう。
でエアコンの操作パネルを確認したら24℃設定。
省エネで28℃設定を推奨してはいるが、24℃なら決して寒いと言う温度ではない。
昼前にカミさんと明日甥っ子夫婦が遊びに来るので、その子供のプレゼントを買いにアピタへ。
そこでもやはりエアコンの効きが気になり肌寒い。
鮮魚売り場や冷凍食品売り場等は最悪。
冷蔵庫に体を突っ込んでいるような感覚で1枚上着が欲しく感じる。
年齢から来る体温調節異常なのかなあ~。
日常でも日中が余りにも暑いので、夕方日が陰った途端に涼しく感じる。
自然を感じるのは良いのだが、エアコン社会ではどうにもこうにも住めないなあ~。

雷雨

今日も猛暑が続く。
昨日は37℃越え、今日も36℃くらいは行っただろうか。
3時ごろに雷雨。
結構雷が鳴るが、BAMBIはすました顔をして窓辺に。
音響シャイな子が多い中、とても助かる。
これがBAMBIも音響シャイで、雷鳴で発作でも起きようもんなら大変だ。
良かったなあ~。








雨上がりは気温も一気に下がったので何時もより少し早めに夕散へ。
もちろんYo印のサマータンクを着て。

200807271748000.jpg

省エネ運転

琵琶湖デイキャンプから早1週間。
来月またガソリンが上がるとかで、給油に行った。
252キロ走行して、ガソリン32リットル給油。
1リットル当たり7.8キロ超走った事になる。
これには驚きだ!
今迄高速を使って長距離ドライブに行った時では、良くて1リットル当たり5キロ台だった。
今回のように走行スピードをオートクルーズで100キロに設定。
一般道路も最高で60キロで走行。
エアコンは使わず、窓を開けて送風のみ。
TVでも省エネ運転を実行してその結果を公表していたが、こんなにも違うなんて驚きだ!
今回のガソリン高騰。
確かに悪い影響ばかり取り上げられているが、人の意識を変える良い機会になったんじゃないかとも思う。
人間、窮地に立たされないとなかなか行動に移さないからね。
良い勉強になりました。感謝!



BAMBIのその後。
体全体の状態は若干皮膚が赤味を帯びてる箇所もあるが、綺麗になった。
問題の首から上だが、首や口の回りも少し改善が見られ傷口が黒ずんできた。
ただ今でもボリボリ掻く鼻の周りは出血こそしていないが、皮膚が赤くて痒そうな状態。
昨日獣医師から電話でカビの培養の結果、陰性だったと報告があった。
カビにも多種あるので今回調べたカビではないだけで、カビが完全に『シロ』と言う訳ではない。
しかし一時心配されたアレルギー。
今回の皮膚疾患の原因が『アレルギーでは?』と言う心配は幸運にも無くなった。
アレルギーの治療薬を処方して貰っておらず、服用しているのはカビが原因な場合の治療薬。
その薬の服用で疾患が改善されている事。
湿疹の部位が体全体だったが、ごく一部に縮小されている事などを考えると『アレルギー』原因説は消えるそうだ。
良かったなあ~。
もしアレルギーと診断されてもあまり神経質にはならないでおこうと思っていたけど、『シロ』と判断されれば端からそんな心配はしなくて済むものね。
ホント感謝感謝!だよ。

我慢も限界

日頃から目に余るものがあったが、カミさんに制止もされたが、お隣さんなので今後気不味くもなるかもしれないが、でもでもやっぱり言わなきゃいけない時は何があっても言わなきゃ!
だって4時だよ。
未だ夜も明け切らない午前4時。
常識ある40過ぎの大人が洗車するかあ?!
今までも朝の6時ごろから洗う時もあったが、流石に4時では堪忍袋の緒が切れましたです。
しかも仕事が忙しく寝たのが夜中の2時半。
明け方なのに27℃を越える熱帯夜で寝付けないからって、ドアをバタンバタン開け閉めしながら住宅街で洗車するかなあ~。
たとえ自社の敷地内でも直ぐ隣に我が家があるんだよ。
頭の天辺から湯気が出てるけど(笑)グッと堪えて「○○さん、止めて貰えませんか?常識で考えれば判るでしょ?」とだけ言ったら「すいません」と謝ったのでそれ以上は何も言わなかった。
その後30分ほど静まり返っていたので反省でもしたのかな。
車のエンジンを掛け、ドアを静か~に閉めて去って行きました。
最近の人間、老若男女を問わず想像力に全く欠ける。
これこれをしたら、この先どうなるとかって言う想像が出来ない人間が多すぎる。
日本人の本来の姿は、もう過去の物になってしまったんですかねえ~。

真夏の祭典

鈴鹿8耐が今年も鈴鹿サーキットで始まった。( http://www.mobilityland.co.jp/8tai/ )
我らがレイと~ちゃんもZ-TECH・Teamから参戦。
ゼッケン77番と、なんともラッキーな番号だ。
幸運を引き寄せ、暑さに負けずに8時間を無事戦って欲しいものだ。

頑張れ!レイと~ちゃん!!!

またまた当たった!

先日のホタテに始まり、その後フリーペーパーに応募したらバームクーヘンが当たり、そしてついに・・・。
ブラウンシェーバーのリコール(?)に当たってしまった!
何でもACアダプターの不具合で充電中にアダプターが加熱→発火する恐れがあるらしい。
おいおい、もう何年も使ってるのにい~・・・。
まあ今まで何も起こらなかったのでラッキーだったと思い、リコール対象機種の中でも運が良かったと思いましょう!
早速新品と交換して貰うため着払いで発送。
とは言ってもACアダプターだけ。
ついでに本体も交換して欲しかったなあ~・・・ってそれは強欲ってもんですな(笑)



鳶の羽を頭飾りに乗せられたBAMBI。
インディアンって言うより、バカ殿だあ~!(笑)
鳶

カイカイその後

体は殆ど綺麗に治ったのだが首から上、特に目と鼻の付け根辺りが未だ痒いみたい。
時々後ろ足で引っ掻くので薄っすら血が滲んでる。
首から上って部位が特定されるのも、やっぱりアレルギーなのかなあ~。
何か虫に刺されたりしたとかじゃないのかなあ~。
最近夜中に掻き毟るってのは少なくなって来てはいるので、時間は掛かるだろうけど徐々に治って来てるのかも。
琵琶湖の水遊び後に酷くはならなかったのでちょっと安心。


泳いでは・・・
BAMBI-3.jpg

砂に塗れ・・・

BAMBI-1.jpg

泳いでは・・・

BAMBI-5.jpg

砂に塗れ・・・

BAMBI-4.jpg

の繰り返し。ホント楽しいんだねえ~。

琵琶湖~♪

琵琶湖は何時行っても優しい時間を過ごさせてくれる。
気心の知れた仲間と一緒ならなおさらだ。
それはBAMBIも同じ。
同じ年に生まれた99年組のジャック仲間。
4年ぶりではあるが、ちゃんとお互いを認め合い自然な関係。
そばに居ても緊張することも無く、自分の世界に浸っていられる。
それは飼い主とて同じ。
安心感と幸福感で、あっと言う間に時間が過ぎて行く。
仕事の都合でデイ参加のため、夕食の準備が始まった時間にさよなら。
これからがキャンプのメインイベントなのに・・・。
でもでも十分リフレッシュ出来たので、感謝感謝♪
3連休なので絶対渋滞に巻き込まれると思って夕方5時前に帰途に着く。
予想は大きく外れ、ノンストップ、2時間弱で帰宅。
何時も週末に渋滞する箇所もスムーズに車が流れていた。
やっぱ高騰したガソリンの影響なんでしょうかねえ~。



3月で9歳になったBAMBI。まだまだ爆泳いたします。
BAMBI-2.jpg




先日9歳になったクッキーちゃん。とても9歳とは思えないキュートなお姫様。
クッキー-1


もう直ぐ9歳になるBAMBIの偽兄弟マフマフ。体格や性格は違うけれど、画像で見ると激似のところも。
マフマフ-1


BAMBIの元彼女(?)レイちん。でっかい弟がやって来たけど、やっぱりプリティーな姉御でした。
レイちん-1


クッキー嬢の妹アミカちゃん。ちょっとビビリなのか泳ぎ出しに切欠が必要。でも泳ぎっぷりは見事です。
アミカ-1


マフマフの妹ミンミン。マフ兄比べると積極的なお嬢さん。熱い視線で訴えます(笑)
ミンミン-1


お惚け顔のふじ君。すっかり逞しくなり、レイちんの用心棒みたい。
去年はおどおどしてて触らせてもくれなかったけど、今年はお腹を見せてくれ撫で撫で成功♪
ふじ-1


そして、若きジャックは飛び跳ね。
アミカ-2


《おっさん》その1は腰が引け(笑)
マフマフ-2


《おっさん》その2は浜に打ち上げられる・・・(爆)
BAMBI^1

原因不明

先日『カビ』と診断されたBAMBIの皮膚病。
診察時に採った毛根やフケを培養しても未だカビの繁殖は見られず。
ただ2週間経ってから繁殖する場合もあるので、完全に原因から排除された訳ではない。
ここ2~3日、夜中に下顎の辺りを頻繁に引掻く。
お陰でこちらまで寝不足に。
この暑さの中での寝不足はこちらが参ってしまうので、朝一で再診に。
で、『アカラス』の疑いもあるので皮膚細胞を2箇所削り、顕微鏡検査。
結果はマイナス。
でも2箇所だけではこれまた完全に原因から排除出来ないそうなので、とりあえずのところ『シロ』と言う事。
もう1週間同じ薬を処方され、様子見に。
それでも改善されなかったら今度は内科的処置をすることになるかも。
いわゆるアレルギー疾患だ。
アレルゲン検査は検体をアメリカに送って詳細に検査するそうだが、アレルゲンを特定してそのアレルゲンを完全除去した食事を与えるってのはどうも容認出来ない。
かと言って外用薬を塗布して症状を改善するってのも、ステロイドが主流だけに避けたいところだ。
で、ふと気が付いたのが『びわの種』。
先月でストックがなくなりBAMBIにも与えてない。
丁度皮膚疾患が出た頃と時期的に重なる感じ。
院長にその旨話したら、「『びわの種』の事は良く知らないが良いと言われるものはやったほうが良い」とのこと。
丁度今日タイミング良く『びわの生種』の今年のものが送られて来る。
早速びわの種を乾燥&粉末にして食べさせなきゃ。
もしこれで改善されたら万々歳だ。
ステロイドではなくっても、やはり薬を長期に渡って与えたくないからね。

カビ発生!

BAMBIの体に、カビ発生。
内股あたりにちょくちょく出来ていた湿疹(?)
出たり治ったりの繰り返しだったが、ここ数日で少し悪化。
背中や脇腹にも点在。
診断の結果《カビ》の仕業らしい。
カビの胞子は空中に多数浮遊しているので、BAMBI自体の免疫力の低下と湿度などの自然環境のタイミングが偶々合ってしまったんだなあ~。
抗生物質の注射を打たれ、カビ発生を抑える薬を1週間服用。
1週間後、結果報告に再受診と相成った。
この時期シャンプーも4~5日おきにして、皮膚を清潔な状態に維持するのが予防法とか。
シャンプー後のドライヤーも念入りにしないと、湿った所にカビは発生しやすいからね。
早く完治させないと。来週の琵琶湖での今季初水遊びが没になりかねない。
久々に会う面々ばかりなので、それだけは避けないとね。

今朝のアゲハ

無事一晩で蛹に。
羽化が観察出来ると良いなあ~。
一瞬だから大抵は気が付くと飛んで行ってしまってるからなあ~・・・。
アゲハ

本能?

我が家の工場の階段踊り場に置いてあるレモンの木に、アゲハの幼虫が居る。
毎年卵を産みつけ、その内ほんの僅かが成虫になって大空に飛び立つ。
折角大きくなっても鳥のお腹に入ってしまうものも少なくない。
今年の幼虫。
レモンの木では食べられると本能的に察知したのか、レモンの木の脇の鉄骨で蛹になろうとしていた。
親の遺伝子から受け継いだのか、本能的に行動したのかは判らないが、この場所なら鳥も食べ難いはず。
昆虫と言えども侮れない存在だ。

アゲハ 002


で、今朝の状態。もうそろそろ蛹の形になろうとしている。
アゲハ 003

3キロの・・・

ホタテが当たった!


先月行った北海道函館。
朝市で入った和食処の《函館海鮮問屋 栄屋》さん。
ダメ元で書いたアンケート。
書いた事などすっかり忘れていたが、何と3キロものホタテが送られて来たじゃあ~ありませんか!
最初は今はやりの商品を勝手に送り付けて代金を請求する振り込め詐欺の類かと。
でもでも着払いでもなく、請求書も入ってない。
恐る恐る中を確認すると大きなホタテの中に《当選おめでとう》のパンフレットが。
なんとまあ、当たってしまったのです。
3キロものホタテを我が家だけでは食べきれないので、嫁に行った娘にもお裾分け。
皆で夕食に美味しく頂くことになりましたです。

以心伝心

以心伝心。
言葉で表さなくても思いが通じる事。
自分の思ってる事を全て見透かされるのは勘弁して欲しいが、昨夜のように「夕食時にビールが飲みたいなあ~」と思ってた時に「飲む?」と目で言い笑顔でビールを掲げられるのは幸せとしか言いようがありません。
ほろ苦いはずのビールが甘く五臓六腑に染み渡る至福の一時でしたとさ。
チャンチャン♪

地震の前兆?

散歩コースの河川の堤防。
最近やけにヤスデが大量発生。
昨年は殆ど見かけなかったのに、今年は堤防に上がる階段にもウヨウヨ。
雨上がりなどは特に酷く、歩くのにも避けようがない。
「ミジッミジッ」っと潰れる音を聞きながら歩かなくてはいけない。
これって地震の前兆か?
良く大地震の前に虫が大量に這い出て来たりって話を聞くので、もしかしたら・・・と思ってしまう。
巷では9月13日に、ここ東海地方にM8級の地震が起こると予言されてるらしい。
水も食料も確保してあるが、M8だったら家が潰れてそれどころじゃないかも。
単なる噂で終わって欲しいものだ。


200807022333000.jpg


飼い犬が地震前に異常な行動をするってのも良く耳にするが、こんな↑状態の飼い犬でも察知するのかあ~?(笑)



昨日埼玉に住む甥っ子の娘が手術をした。
一昨日滑り台から落ちて骨折&脱臼。
珍しい折れ方をしてるとかで手術が必要と言われ、全身麻酔で3時間にも及ぶ手術が行われた。
昨日術後の報告を貰ったが、手術自体は術前の詳しい検査で切開せずに2箇所の穴を開けて金属棒で固定する処置で良いと判明。
その処置が行われた。
そんな簡単な手術に3時間も?
術後に手術のカンファレンスが行われ、何でも手術中に酸素チューブに分泌物が詰まり通常90パーセント以上の酸素濃度が一時的に60パーセントにまで低下。
そのために片肺が潰れてしまったとか。
早期発見だったため脳に障害が残ることは無く、潰れた片肺も空気の抜けた風船のようで自然治癒するそうだ。
でも、でもそれって医療ミスじゃあないのか?!
『極めて稀な現象』と言われたようだが、大事に至らなかったから『無事手術が終わった』で済むけど、もしも・・・ってなことになったら大変だったよ。
でもでも未だ1歳児。成長過程でどんな後遺症が出るとも限らない。
長い目での監視が必要かも。
滑り台から落ちた時も打ち所が悪かったら骨折じゃあ済まなかっただろうし、麻酔時の事故も下手をすれば脳障害・・・ってのもあったかも。
甥っ子夫婦が聖職者だからか、『守られてる!』って感じる。




Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。