偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安堵♪

今朝は朝一番で日赤へ。
この2日間、殆ど食べてないのでタクシーで。
先ずは泌尿器科。
トイレを済ませて病院に来たのに・・・検尿してから診察だって!
即行コンビニでスポーツドリンクを買ってガンガン飲む。
それでもそうは簡単に行かず1時間待ってから採取。
それから結果待ちで1時間。
結局2時間掛かってようやく診察開始。
先ずはCT画像を見せて頂きながらの説明。
敗血症で入院中のCT画像に、腎臓の中にハッキリとブツは写っていた。
大きさは約6ミリ。
先日のCT画像では腎臓に石はなく、膀胱の手前の尿管内に鎮座ましまして居た。
昨日から痛み止めを使わなくても全く痛みがないのは、どうやら膀胱に移動したようだ。
ただ石は無くなった訳ではなく、膀胱内から何時かは排尿時に押し出される。
排出時に激痛がまた走る人もいれば、気付かずに外へ出る事もあるそうだ。
出来れば後者でお願いしたいところだが、悔しいかな選択出来ない。
で、投薬で結石が溶けると言うと言った話を耳にした事があったので聞いてみたが、極一部の種類の結石に効果があるのみで、殆どは溶けないそうだ。
大きいものであれば超音波で砕くってのもアリみたいだが。
まあいずれ同様の痛みがあるとは言え、死に至るようなものでもなく原因が判って居れば心配する事もないので良しとするしかないですな。
泌尿器科が終わったら、次は受診日でもないのに消化器内科へ。
日曜日から飲み始めたピロリ菌除菌薬。
その副作用で水曜日朝から酷い下痢。
朝一で病院に電話で症状を伝えたが、薬の副作用ですので心配せずにそのまま服用を続けるようにと指導された。
で、その後の激痛騒ぎ。
ところが夜中に帰宅したあとの午前2時から3時の間に4回嘔吐。
最後には少量ではあるが鮮血を吐いた。
もうビックリですわ。
で、消化器内科を受診したと言う訳。
診断の結果、薬の副作用で荒れた胃粘膜からの出血で、黒色便も出ていない事から一過性の出血と判断。
投薬を止めれば下痢も胃粘膜からの出血もなくなるでしょうと言われホッとした。
また新たな胃潰瘍が出来たのかと心配だったからね。
とまあ、とりあえず大事に至らず一先ず終息に向かいそう。
ただ何時また激痛が走るか分からないのが少々気掛かりだが、入院も治療も基本的に必要なさそうなのでこれまた良しとしなくっちゃね。
感謝感謝。
スポンサーサイト

激痛が・・・

全て完治したと思ってた矢先、昨夜右部背中の辺りに激痛が。
どうにもこうにもならず、日赤へ電話をし、今回はタクシーで救急外来へ。
結果は尿路結石。
一先ず痛み止めを詳報して貰い、深夜に帰宅。
あす、泌尿器科の外来を受診。
この半年間、病気のオンパレード。
そろそろ終わりにしたいんですけど・・・。

終了♪

早いもので、敗血症で入院してから早半年余り。
思ってもみなかった胃癌まで見付かったが、医師の努力や看護士の方々の励まし。
周りの友人知人の温かい言葉に後押しされ、昨日無事治療終了♪
胃癌の再発は胃カメラによる生検検査や血液検査では今のところ見られないとの事。
今後の定期検診は欠かせないが、当初再発のリスクが高いとの事で奨められた外科手術の実施は考えなくて済む。
こうして元気に元の生活に戻れたのは、主治医の6時間にも及ぶ内視鏡手術のお陰と言って良い。
昔ならお礼に何かしなくてはと言うのが当たり前だったりもしたが、現在はナースステーションへの差し入れも受け取って貰えない。
それよりも何よりも、現場の方たちは一重に患者が元気になるのを望んでいるからなのでしょうね。
本当に頭が下がります。
感謝しても感謝しきれないです。

それから昨日の検査結果報告で分かった事なのだが、1月の時点でピロリ菌の陽性反応が出て除菌をお願いした居たのだが胃癌が見付かったので癌治療を最優先。
そのため延び延びになって居た除菌を行おうと再度ピロリ菌検査をしたところ・・・消えた。
ピロリ菌反応が陰性に。
これには主治医も首を傾げるばかり。
敗血症の治療で大量の抗生物質を投与して居たのでその間なら話も判るのだが、今回は敗血治療終了直後の検査で陽性。
その後胃癌の内視鏡治療ESDを行った時に通常の抗生剤を投与したぐらい。
そんな状況下でのピロリ菌の根絶は無いらしい。
で、思い当たるのが殺菌力があるとされるプロポリス。
1回目のピロリ菌検査後に飲み始め、期間的には1ヶ月少々。
時期的には丁度当てはまる。
ただあくまでも検査結果がたまたま陰性だった可能性もあるので、念のため来週から除菌を開始する。
手術と違い1週間投薬するだけですからね。
リスクも皆無とは言えないまでも、外科手術に比べれば殆どないに等しい位。
投薬からもあと1週間で半年ぶりに完全に解放です。
長かったなあ~。
来月から少しずつ仕事へも復帰。
丁度タイミング良く軽い仕事を入れて貰えそうなので、リハビリには絶好。
取引先の方々の心遣いも嬉しい。
良い人間関係に恵まれ幸せ幸せ♪

内弁慶

201004181633000.jpg

家の中では近くによると唸って威嚇するくせに、外では全然大丈夫。
なんなんでしょうね~。

ガシャン!

週十年ぶりに仕事に就くための研修先へカミさんを送って行った帰りの事。
自分は交差点の一番前で信号待ち。
と、目の前で車同士の交通事故。
殆ど正面衝突に近い。
西進した車が交差点に右折のため進入。そこへ東進の車が激突。
右折車が安全確認せずに交差点に進入したのが原因っぽい。
右折車(軽)は前部大破でエンジンルームから水蒸気が上がってるのでラジエタ―が破損した模様。
交差点中央から衝撃で反対車線の交差点角まで押し出され、そのままユックリバックして止まった車から胸を押さえて運転手がヨロヨロと降りて来た。
相手の車の運転手は、足を押さえながら降りて来た。
すかさず車を交差点脇に止め軽の運転手の元へ。
外傷はなさそうだが胸を押さえて歩道脇にしゃがみ込む。
歩行者の一人が携帯から救急車を要請して居たので、3人ほど現場に集まって来た人達と交差点の車を移動。
前部を大破した軽は押しても動かないので、ランクルに積載していた牽引ロープで強引に脇へ移動。
もう1台は4人がかりで押して脇に移動。
そうこうして居たら救急車が到着したので、助けに来てくれたサイクリストと通勤途中の会社員(?)と別れて帰路に。
自分がお世話になった日赤が直ぐ近くなので、恐らくそこに搬送されたんでしょうね。
ハンドルで強く胸を打ったみたいなので、肺を損傷なんて事になっていなければ良いのだが。
吐血とかもなかったし、顔色もそんなに青くもなかったので大丈夫かな?
朝の通勤ラッシュ時間にも拘らず、咄嗟に集まって来た人達に感謝。
一人じゃ迅速な対応は出来ないですからね。
無関心な野次馬連中も居る中、車の移動、救急車の手配、事故車の飛び散った部品の清掃。
皆テキパキと動いていましたな。
未だ未だ捨てたもんじゃないです。
事故が起こってしまった事は悲しいけど、朝からチョッピリ良い気分。

時には・・・

アクティブに。
公園に忘れ物のサッカーボール。
目ざとく見つけ、キレキレに。
ボールを見ると還暦でもまだまだスイッチが入る(笑)
童心(?)に帰る事も、時には必要だな。
見習わなければね。



プレゼント♪

先日、主取引先が韓国に展開して居る会社社長さんから漢方の詰め合わせを頂いた。
霊芝をメインにナツメ・ウコギ・カンゾウなどが大きな箱にセットになったもの。
日本の社長さんが韓国に仕事で行かれて自分の病気の事をお話して下さり、韓国の社長さんが心配してプレゼントして下さった。
日本では数回。韓国へも仕事で1回2泊3日で訪問した事がある。
大学留学で日本に何年も住まわれて居たので日本語はペラペラ。
韓国訪問時も地元の美味しい料理屋さんへ連れて行って下さったりと、熱い歓迎を受けた。
かなり高価なものだけに少々困惑したけれど、優しい心遣いに遠慮なく頂くことにした。
霊芝は苦いと聞いていたが、カンゾウの甘みで苦味が消されて非常に飲み易い。
日本の社長さんからもお土産にプロポリスも頂いた。
これだけ身体に良い物を摂取して居れば、もう問題ないでしょう!
来月からの復帰が楽しみだ~!

桜BAMBI

今年は花冷えもあり桜の花は長持ちしたけれど、葉も出掛けたりと今一パッとしない。
トーンが少し暗い感じ。
とは言え、陽気に誘われて近くの公園に。
娘が以前バイトしていたお店にヘルパーとして出掛けたので、らきほは我が家で留守番。
カミさんはらきほ。自分はBAMBIを伴い、花見に。
来妃歩が居るせいか、やたらとハイテンションのBAMBI。
珍しくらきほにちょっかいを出す場面も。
皆揃っての散歩が、よほど嬉しかったのかねえ~。
来月満1歳のらきほ。
2足歩行もかなり様になって来て、スタコラ歩く。
子供の成長は著しいですね。
あと1年もすれば、こちらが置いてけぼりを食うようなシーンもざらでしょうな。
まあ、それはそれで楽しいですがね。


幸せ♪

ケーキ
55歳は色々あり過ぎて・・・。
この1年は皆に心配掛けないような平穏な1年にしたいものです。
こうして家族に囲まれ、誕生日を祝って貰える。
この上なき幸せを感じます。

懐古

JRT.jpg
画像クリックで拡大して見られます。


2002年DOG FUN 10月号に掲載されたオフ会の記事。
この頃は関西・中部・関東とJRT仲間が良く集まったものです。
懐かしい~♪
この中には病気で亡くなったワンコも居れば、もう何年もお会いしてないワン友も。
今でも交流が続いて居るワン友も居るけど、お会いして居ない方たちは元気かなあ~?
一度同窓会(?)をしたいもんです。

サクラサク♪

一昨日は胃カメラ検査と血液検査。
昨日は外来で結果報告を受けた。
胃カメラ検査での目視での潰瘍状態は、3分の2ほどが回復し綺麗な胃粘膜が再生。
残る3分の1は未だ白く潰瘍として残っているが、出血などの異変は見られてない。
目視での判断では癌などの再発状況は見られず、採取した細胞の生検結果待ちではあるが大丈夫そうとの事。
生検で異常が認められなければ、あえてレーザー治療で潰瘍を作る事もないでしょうとの判断。
もし、レーザー治療をしなくても再発のリスクが少ないのであれば、本当に内視鏡手術を決行して貰って良かったなあ~と改めて思う。
外科手術を薦めた医者が悪いのではなく、医者の立場上仕方がないものですからね。
どちらを選択するのかはあくまでも患者側。
後悔のないよう熟考して決定したいものですね。
もし生検で又癌が見付かったとしてもAPC(アルゴンレーザー凝固法)があるので何ら心配もしていない。
「サクラサク」の合格通知を貰えるような嬉しい気持ちです。

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。