偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再診日

NEC_0104 コピー


昨夜、薬が無くなったので残業は止めてBAMBIの病院へ。
症状の改善と毛が生えた事に担当医師も喜んでくれた。
嬉しいですね~。
全身チェックの際に、来月の虫歯予防デーのセミナー参加を勧められた。
なんでもデンタルケアの講習があり、獣医師が口腔内をチェックしケアの優秀者3名が表彰されるらしい。
BAMBIの歯石チェックをして「とても奇麗だけど何かされてますか?」って聞かれたので、毎日の歯磨きと月一のスケラーをしていると説明。
でセミナー参加を勧めてくれた。
と言うより、「コンテスト参加をしたら?」ってことですな。
丁度、今必死で頑張ってる仕事の納期と重なって参加が微妙なので『候補』扱いにして頂いた。
未だ2週間弱あるので、前向きに調整してみますか・・・。
スポンサーサイト

1ヶ月経過

NEC_0104 コピー

甲状腺機能低下症と診断されてから1ヶ月。
早めの治療薬投与により、かなり傷が治って来た。
嬉しい事にすっかり禿げ落ちた所に、少しずつ毛が生えて来た。
もう禿げたままかもと諦めてただけに嬉しい現象。
毛が生えて来れば、欠損した耳も目立たなくなる。
明後日薬が無くなるので治療日。
先生に嬉しい報告が出来そう♪

嵩上げ

今回の原発事故で、各地の原発の防波堤の嵩上げ工事を計画しているらしい。
問題はその嵩上げの高さで本当に『確実』なのかどうかだ。
今後如何なる場合でも『想定外』では済まない。
我が町も2000年のう東海豪雨で未曾有の被害があった。
その時に近くを流れる小さな河川が堤防から溢れ住宅地へと流れ込んだ。
その後対策として取られたのが、堤防の上に15センチほどの板を乗せた嵩上げ工事。
その根拠は、災害時に堤防の上を10センチほど水が溢れて流れてたからだそうだ。
池に溜まったものが溢れるのとは訳が違う。
後から後から流れて来る水が行き場を失って堤防を乗り越えたのだ。
たとえ堤防が30センチ高かったとしても水は溢れるに違いない。
防潮堤でも同じ。
防潮堤に当たった津波が行き場を失い防潮堤を乗り越えるのは意図も簡単だと思われる。
第2波、第3波と第1波よりその威力を増して襲い掛かる津波を人工的な構造物で耐え凌げると考える事すら無意味な事のように思えてしまう。
ましてやそんな危険がある場所に原発を建設する事が可笑しい。
とにかく地震大国の日本にから原発は無くすべく、迅速な行動を起こして欲しいものだ。

10万年

現在世界中にある高レベル放射性廃棄物の危険が無くなるのに必要とする期間。
地元新聞の社説に書かれてあった。
今現在世界中に高レベル放射性廃棄物は25万トン。
その危険性が無くなるのに10万年。
日本列島が現在の形になったのが1万年前。
おまけに未だ原発を増設しようと言う動きがある事が信じられない。
今現在でさえ地球が存在してるかどうかも分からないほどの量が存在して居る訳で、一旦暴走すると人間の手には負えなくなってしまう。
電力不足による停電だの、景気後退だの目先の事で議論して居るような問題で無いのではないだろうか。
即刻建設予定及び建設中の原発を中止し、稼働中及び休止中の原発を廃炉にするべきなのでは?
人間は窮地に陥るとそこから脱出しようと知恵を絞り解決へと導く能力がある。
原発に代わるエネルギーを開発する事は決して不可能ではない。
人間がその傲慢さを捨て、一人一人が我慢をし、一人一人が知恵を絞りだして打開策を見付ける良い機会だ。

2歳

らきほ2歳

早いもので、らきほも2歳。
このところの成長ぶりは目を見張る。
色も認識出来、指差した物の色を『あか』『きいろ』『あお』『オレンジ』『ピンク』と答える。
自分の娘の2歳の頃は、こんなにも覚えて喋ってたのかなあ~と考えてしまう。
らきほの脳はどんどん色んな事を吸収し成長して行ってるようだ。
しかし喜ばしい事だけではなく、意思表示が出来るようになって来てるので気に入らないものは頑とし口にしない。
誤魔化しが効かないので、全てがガチでの勝負(?)だ。
たまにしか会わないジジババは良いのだが、毎日接している娘夫婦は大変らしい。
まあそれも後々には楽しい思い出になるのだが・・・。

昨日は午前中から娘がらきほを息子に任せて、ひと足早くケーキ作りに我が家へ。
ミルクレープを作るので、自分クリーム担当を命ぜられた。
生クリームも使ってカスタードクリームを作った。
娘がクレープを焼いてる間にパータデコールの作り方をNET検索して、リクエストされたアンパンマンを作ってみた。
クッキングシートから剥がすのに少々失敗し取れてしまった個所もあるが、初めてにしてはまずまずの出来ではないかと自画自賛。
残念なのは主役のらきほの調子が今一で、デリバリーしたお寿司や娘と一生懸命作ったケーキを殆んど口にしなかった事だ。
それでも大きくなった時に皆に愛されてた事を認識する一つの材料になるので、しっかり画像に納めておいた。

バースデーケーキ



Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。