偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話

此処名古屋の市営地下鉄内で、今まで地下鉄車内で圏外だったエリアで携帯が使えるようになったとか。
車内放送で車内での携帯使用を止めるようにとか、電源を切るように言っているのにだよ。
利用者の要望に応えての事なんだろうが、このようなサービスが本当に必要なんだろうか。
地震避難速報などは別として、そこまで急を要するような事態ってあまりないように思うのだが。
自分は車を運転して居る場合、全く電話には出ない。
車を買い換えてハンズフリーで話せる機能が付いて来ていたが、やはり電話で会話すると集中出来ないからだ。
車を運転して居ると必ず携帯を手に持って運転して居る輩に出くわす。
法で禁じられてるにも拘らず。
宅配業者や運送業者の運転手にと言うプロにもかなり多くみられるので、いっその事もっと厳罰にした方が良いのでは?
スポンサーサイト

成分検査結果

BAMBIの結石の成分検査結果が出たようで、獣医師から電話があった。
結果は一般的な蓚酸カルシウム。
『もしも・・・』の為に検査を依頼したのだが、一般的な結石で良かった。
変な疾患が見付かり、また治療が追加ではBAMBIも自分も堪ったもんじゃない。
ストレスに弱いですから(笑)

軟禁

昨日はカミさんが午後から用事があるので何処へも行けない。
となると必然的(?)にキッチンに向かう事になる。
勿論やるからにはカレーとなる訳で、朝から買い出し午後から仕込みと夕方までキッチンに軟禁状態に。
今回のメニューはタンドリーチキンカレー。
買い物から帰ったらタンドリーチキンの漬けダレを作り、鶏肉を夕方まで漬け込む。
その後はフードプロセッサーが壊れたままなので、ひたすらタマネギの微塵切り。
今回新タマネギが入荷して居たので、迷わず購入。
新タマネギの甘味に期待。
一通り仕込みが終わり、煮込みに入ったらナンの仕込みに。
なかなか理想の味のレシピに巡り合えないので、またNETでレシピを入手。
今回の種は少し軟目。
それでもナンの形に成形しやすく、焼き上がりもまあまあ。
石窯の高温で焼くと良いのだが、我が家の電子オーブンでは250℃が最高。
それでも今までで一番の出来に満足。
味に五月蠅い(?)娘にも「美味しい」と高評価を得られ満足満足。
コクを出すために入れたココナッツミルクとバナナが良かったのかな?

付け合わせは安かったカボチャをマッシュし、生クリームで和えサラダに。
おやつに大好きなさつま芋も焼いたので、チョット食べ過ぎ状態。
平穏な日曜日だったけど、チョットオーバーワーク気味だな。
何で休日なのにゆっくり休めないのかね。
まるで泳ぐのを止めると死んでしまうマグロのようだ(笑)

タンドリーチキンカレー

2年目もクリア

先日の胃カメラ検査の結果を今日聞きに行って来た。
結果は悪いものは何も発見されず、再発の兆候もないとの事。
ただ主治医は早い段階での手術を希望すると言われた。
内視鏡手術後の精検結果を交えて話を伺ったが、リンパ節への転移もなく胃の粘膜層に止まって居たガン細胞。
ただガン細胞が正常細胞との境界が分かりにくい未分化型タイプで、細胞が1ヶ所に止まらずに散らばるタイプ。
おまけに胃潰瘍の治った跡が粘膜剥離の境界上に在ったため完全に取り切れて居ない可能性があるから、3分の2の切除を勧めてられてる。
医師も切除後の食生活及び日常生活の低下はハッキリと「落ちます」と言っている以上、「かもしれない」と言う曖昧な状況下での手術なんかは考えられない。
ハッキリと外科手術は「NO」と答えた。
これでまた半年先の検査までは何事もなければ安泰だ。
感謝感謝!

幕引きのし方・・・

昨夜は知人のお通夜だった。
知人と言ってもそんなにお付き合いのあった方ではなく、一定期間仕事上でお付き合いがあった程度。
その方も自分と同じ頃にステージ3~4の胃癌になり、全摘。
胃の粘膜層ではなく裏側の筋肉層に出来てたためリンパ節なども広範囲に切除したそうだ。
退院後は定期的に抗がん治療を受けられてたそうだが、症状の改善もあまりなく投げやり的な状態だったとか。
ある意味『死』を覚悟した場合には自分の現状を受け入れて残された時間を有意義に過ごそうと思うタイプと、今回の方のように投げやりになり周りに辛く当たったり好き勝手な行動をしたり・・・。
自分も今はこうして仕事も出来毎日幸せを実感してはいるが、告知を受けた時はやはり『死』と言うものを考えずにはいられなかった。
ただ投げやり的な感情は全く湧かず、割と短時間の内に病気を受け入れられたのは良かったっと思う。
愛するパートナーがポジティブな性格ってのが1番の原因で、いくら自分が前向きに生きようと思っても周りがポジティブに受け止めてくれないとどうしても同調して行ってしまうからね。

現世に色々欲や柵があると苦しんで最後の時を迎えると言われる。
出来る事ならやはり『安らかに』ってのが良いですからね。
我欲に陥ることなく、日々前向きに生きてさえいればきっと安らかな幕引きが出来るんじゃないかなと思う。

そう言えば・・・

と思って過去の気象情報を調べてみたら、やはり34年前の3月12日は雪が降っていた。
結婚式場へ向かうタクシーに乗り込む時に舞っていたもの。
流石に34年は長い。
3回の流産や2回の水害、2009年の敗血症や2010年の胃癌での入院と苦労ばかり掛けてしまったが、しっかり付いて来てくれたカミさんには【感謝】しかないですな。
来年は節目の珊瑚婚式。
何処かへゆっくりと出掛けたいものです。

BAMBI・・・

未だ未だ本調子ではない様子。
甲状腺の機能が低下して全身の皮膚の状態が悪くなり尻尾の先も禿げてしまったが、その後以前のようなキリタンポ状の尻尾になって居たが・・・。
此処2日ほどでまた先の毛が抜けて来てしまった。
皮膚の状態も今一で、所々湿疹が出来ている。
このところの寒暖の差の悪影響が出て居るのかな?
今朝も散歩に行こうと思って起きてビックリ!
外は雪が舞い、屋根には薄らと積もっている。
数日前には日中18℃ぐらいまで気温が上がり、上着が無くても大丈夫だったのに。
これでは体調も崩れますわな。
しっかり着こんで朝散にこぴと出掛けた。
こぴは大分落ち着きて来たのか、あまりショックを入れずとも良い感じで脚側で歩くように。
時間が出来てじっくりとオビをいれたら、良い感じに仕上がるんじゃないかなって感じる。
先が楽しみだ。





こぴのブラッシングでの抜け毛で久し振りに遊んでみた。

やはりBAMBIはお笑い系だ。

NEC_0243.jpg
NEC_0249.jpg

あっと言う間に・・・

東北の震災から1年が経ってしまった。
2000年の東海豪雨で被災した時はやはり毎日が必死で、毎日疲れ果て、1年どころか12年経った今でもその影を引きずって居る。
それとは比べようのない被害の今回の震災での被災者の方々の心を、簡単に想像すら出来ない。
TVで映し出される映像に恐怖と悲しみが蘇り涙するのだが、改めて自分の命は自分で守るしかないのかなと思う。
それに加えて全く知らない隣人でも、互いに助け合って目の前の苦難を乗り越えなくてはと強く思う1日だった。
何処で被災するか判らないからね。

関節痛

今年に入ってから左肩の頂点(?)の一番出っ張ってる骨が触ると痛い。
腕を回しても痛くはないのだが、触ると痛い。
骨が痛い場合はあまり良くない疾患が多いので早めに病院へ行くように書いてあったので、昨夜近くの整形へ。
レントゲン検査の結果、関節炎だった。
可動部ではないと思いてっきり骨だと思って居たら、鎖骨と肩を繋ぐ関節部分だった。
可動域が小さいので一体の骨だと思ってしまったのだ。
湿布と塗り薬を貰って終了。
悪いものでなくて良かったあ~。

抜糸

NEC_0241.jpg


経過が順調だったので、予定通り昨日抜糸。
殆どジタバタはしないのだが、ガタガタ震えるので先生がハサミを入れる的がなかなか絞れなかった。
なので自分も保体に参加し、看護師さんと二人でBAMBIを抑えて抜糸して貰った。
投薬も終わり、晴れて完治。
やっとBAMBIにも安静な日々が戻って来た。

最近こぴがBAMBIとの散歩時間を覚え、自分達が支度をしている音を聞き取るとドアをカリカリして催促するようになった。
なのでこの2日はBAMBIとこぴを連れだって朝散に。
こぴを8割がたスタコラ歩くようになって来てたので、ショックを入れて先頭に立とうとするのを防がなきゃいけない。
少しずつこちらを意識して歩くようになって来てるので、地道にやれば脚側での散歩も割と早い段階で可能になるんじゃないかと思う。
飼い主の前を歩こうなんてのは10年どころか、許せない行動だからね~。

定期検査

半年に1回の胃カメラ検査。
今日は少し苦しかったなあ~。
内視鏡が喉元を通る時に涙がチョチョ切れちゃったよ(苦笑)
手術痕に大きな変化はなかったものの、少し粘膜が赤かった。
当然細胞採取され生検へ。
医師にも「何か見付かったら今度はちゃんと手術を受けて下さいね。」って言われてしまった。
何だかモヤッとした結果だ。
来週の診察日までスッキリしないなあ~・・・。
だからって訳でもないが、病院の帰りに熱田神宮と氏神様をお参りして来た。

ゆったりと♪

昨日は朝一でBAMBIの経過を見せに病院へ。
10針縫った傷口もジュクジュクして居る訳でもなく、奇麗。
絆創膏で少しかぶれたのか少し赤くなっている所もあるが、徐々に引いて行くでしょう。

NEC_0236.jpg

入院生活が長くずっとガタガタ震えが止まらなかったそうで、退院後はドッと疲れが出たのか爆睡。
ストレスから少々軟便気味にも。

NEC_0239.jpg


プレゼントした低反発ウレタンのベッドも気に入ってくれたようで、1日の半分は此処で過ごす。


NEC_0237.jpg


BAMBIが気持ちが良ければ当然他の者も気持ちが良い訳で、腕白小僧もBAMBIの目を盗んではちゃっかり陣取ってる。
時には腕白小僧の飼い主までもが陣取ってビデオを見たりなんぞしてる(笑)

もうじき8ヶ月になるこぴ、我が家に来た頃は真っ黒だったけれど親の影響からか焦げ茶の部分が多くなって来た。
韓国語で【コーヒー】を意味する【こぴ】。
黒色の毛色とブラックコーヒーにかけて【こぴ】と名付けたのだが、これじゃあ【ココア】だ。
おまけに何故だか白い毛も混ざって来て、背中の尻尾に近い方はかなり多い。
このまま増えると背中に1本白線が入りそうだ。
名前を【スカンク】にしようか?なあ~んて話も出るくらい(笑)
どんなワンコに育つんでしょうかね。

NEC_0240.jpg




退院♪

とりあえず今日午後に無事退院。
緊張から解放され、病院の駐車場の芝生で大量にうんP。
ホッとしたんだろうね(苦笑)

傷口は5~6センチで、10針ほど縫ってある。
抜糸は来週8日。
明日は退院早々だけど、経過を見せに行かなくっちゃいけない。

で、除去して貰った問題の石。
写真を撮ってくれば良かったなあ~。
シュウ酸カルシウムと、ストラバイトの2種類の結石サンプルを見せて貰ったのだが、BAMBIの石は見た目はどちらにも属さない感じ。
どちらの結石も白あるいはベージュっぽい色なんだが、BAMBIのはモスグリーン。
大きさはグリンピースぐらいでツルっとしてる。
ストラバイトは丸っこいものもあるが、シュウ酸カルシウムはトゲトゲしてる。
珍しい色・形だし、他の臓器疾患で結石が出来る場合もあると言われたので勧められたように精検に出す事に。
変なものが見付からなきゃ良いんだけど・・・。

術後5日目




術後5日目。
今日は1時間ほど早く動画が配信されて来た。
で、メール本文に【退院】の2文字がっ!
BAMBI、晴れて今日午後から退院決定!
今日の動画では病院のエリザベスではなく自前のエリザベス。
既に退院モードに入ってるって感じ。
2年前に自分も3月3日に退院だったので、今日のような気がしてた。
遅ればせながら13歳の誕生日と退院と雛祭り(男だけど)のお祝いですな。
注文してあったBAMBI用のベッドも今日届きそうなので、早速ふかふかベッドで体と心の傷を癒して貰いましょうかね。

術後4日目




今日は術後ずっと入っていたカテーテルを抜いて貰えたそうだ。
今日は保体をして貰わなくて診察台に乗っかってる。
体も震えてないようなので、幾分落ち着いて来たみたい。
順調に回復している様子。
このまま行けば明日か明後日には退院出来るそうだ。
もう少しの辛抱だ!

術後3日目





今日はBAMBIの13回目の誕生日。
主が居ないので、お祝いは退院して来てからだな。って、別段何もしないのだが・・・。
今回は頑張ってるので、こぴに破壊されたBAMBIのベッドをプレゼントしてあげよう!
ふかふかベッドで体と心(?)の傷を癒せれたらと思う(笑)

術後3日目の動画も変わりはない様子。
経過は良好だが、食欲に関しては今一だとか。
朝は完食したが夕飯は残してしまったそうだ。
運動出来ないってのも一因だと思うが、やはり入院によるストレスが一番の原因だと思う。
あと数日で退院だから、もう少し頑張って貰うしかないな。

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。