偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捉え方は・・・

人それぞれ。
先日書いたBAMBIの休止。
今朝も《伏せ》をさせてその場を離れると、途中で2~3度挨拶を交わした程度の女性に声を掛けられた。
柴犬の2頭飼いのその女性、時々見る自分とBAMBIの訓練(?)風景にいたく興味を持って『どのようにしたら・・・』のと御質問。
話を聞くと親子のその柴犬。子供の柴犬が元気で親柴に纏わりつくらしい。
じゃれて咬むのを親柴がとても嫌がりトラウマっぽくなってるらしい。そこで少し何とかしなくてはと『躾』に興味を持ったようだ。
『訓練士』ではないので、BAMBIと此処までに至る経緯と参考になると思われる事を2~3お話した。
『座れ』・『伏せ』・『待て』の基本中の基本と、多頭飼いの経験者ではないので子育てでの経験上でのお話。
先住犬(親柴)を御飯の時もおやつの時も一番に扱い、子柴を親柴の下に位置づける事くらいかな。
子柴はまだ5ヶ月とのこと。
他犬に攻撃的な訳でもなく、人に対してもフレンドリー。
元気さを持て余しての事なようだ。
基本的な躾をきちんと入れて、折角の多頭飼いを楽しんで頂きたい。

一転してこちらは『躾』否定派(?)
夕方カミさんが散歩中に車中から声を掛けられたそうだ。
朝散で会う柴飼いのそのオッチャン曰く「夕方の散歩は奥さんかい。朝は躾けられていて可哀相だぞ」と。
先日もグランドの片隅で『待て』を掛けて、その反対側の隅で他の人とワンコ談義をしていた。
柴飼いのオッチャン、ツカツカと寄って来て「あんなとこに一人で待たしといて可哀相だにい~」と。
何時も怒られながらガンガン引っ張られて散歩している柴のほうが可哀相な気もするのだが、捉え方は人それぞれ。
ま、捨てられるワンコが多い中。散歩にも連れて行って貰え家の中で飼われている様子のワンコだから、その柴にとってはその生活も幸せなんだよね。


WAIT.jpg

« 夏バテ?|Top|明日で・・・ »

コメント

我家は・・・

住居と職場が隣接してるので、生まれた時から何時も両親が一緒という環境でしたです。
なので子供が大人になっても、家庭内で粗大ゴミ扱いされてないのが救いかも(笑)
自分の親に色々言われたりした時もあったけど、育児にも家事にも積極的に参加して来たので子供も色々隠さず話をしてくれますです。
一家全員0型なのも仲の良い一因かも。

る~坊、似てる所があるですか?
西湖でじっくり観察しなくっちゃ!
楽しみがまた増えましたです。

言い忘れっ

やっぱり時々BAMBI君って、る~のオジサマなんだって実感。
時々見せるしぐさがそっくりっ! このBAMBI君、る~を見てるかと思った!

うふふ…

犬とトレーニングごっこしてると、両者どこにでもいますのぉ~


オジンガーさんは多頭の経験はなくとも、お嬢さま二人の子育て経験はあるのだから同じ…っていうかそれ以上の経験だと思います。 
トレーニング仲間の中にはお子様いらっしゃる方もいるのですが、育て方のスタンスは犬も人も変わらずの方なので、お子様もすごく元気で良い子ですもの。

オジンガーさんのお嬢さまたち、どんな子かな?ってちょっと想像がつきますよっ。

私が子育てしたら、アホな子になっちゃうのかもなぁ(汗)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ojinger.blog28.fc2.com/tb.php/148-ea12a06b

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。