偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たに・・・

心配の種が出来ちまいましたです。
先程獣医さんから《お迎え依頼》の電話を院長先生直々に頂き、めっちゃ不安を抱きながら行って来ましたです。
先ずは血液検査結果。
白血球が異常に高く、膀胱炎が発覚。
ここんとこ尿検査をしていなかったからかなあ~。
尿失禁の原因の一つは膀胱炎らしい。
でもこんな疾患は投薬で治るものなので心配なし。
問題はやはり心臓。
心電図の結果、不整脈が発覚。
不整脈が起こっている時ではないのでハッキリとしたものではないが、その兆候がはっきりと見て取れたようだ。
そこで時間をかけてエコ~を入念に診て頂いた結果、左心室に異常が。通常心室は何も無くツルっとしているのだが、BAMBIの心室には『コブ』のようなものが。
これが血流を妨げて不整脈を起こし発作を引き起こしてるのか、現段階では判断出来ないとの事。
『僧帽弁閉鎖不全症』事態は全く進行していなかったので、今回のような発作の直接の原因ではないらしい。
要経過観察で、とりあえず膀胱炎治療の投薬をして来週月曜日に再診。それまでに又発作が起きる様であれば心臓の専門医が此処名古屋に一人居られるので、データーを送って診て頂くか直接BAMBIを連れて行く事になるそうです。
とにかく掛かり付けの病院では前例の無い心臓の形状なようで、この『コブ』が病的なものなのか先天的なもので問題が無いものかは専門医でないと判断出来ないそうです。
『僧帽弁閉鎖不全症』が投薬で治まってるから、運動もバンバン出来ると信じてたのになあ~。
不整脈があると判ると運動制限は避けられないなあ~。
でもでもBAMBIにはまだまだしっかり家族の一員で居て貰わなくてはならないので、運動制限ぐらいで元気に過ごせるのであればそれも運命。
しっかり受け止めて前向きに考えねば。
結果は喜べないけど、とにかく原因が少し判っただけでも良かった。

« 昨夜は・・・|Top|検査入院・・・ »

コメント

NoTitle

ヨッシ~、言われる通りに前向きに考えてるよ。
以前だったら結構落ち込んでたかもしれないけど、最近何が起きても人生の中で課せられた修行だと思えるようになってるからね。
瀕死な状態で発覚した訳ではないので、しっかりサポ~トしていくだわさ。
我家のたった一人の『息子』ですから!

ああ・・・

頭の痛い結果が出ちゃったね。
コブが原因なのかどうか分からないけど、可能性として考慮しなくてはいけないのね。
不整脈・・・やはり運動制限が必須だわね。
でも考えようで、専門医の先生が名古屋にいてくれるんだしいざとなればそちらに診て頂けるわけだし・・・。
原因かも?と思われることも分かったわけだし、前向きに対処していくしかないよね。

キシリトールの件は私もマフミンに使っている歯磨きやオヤツにガンガン含まれていてショックだった!買い置きもすべてゴミ箱行きだったよ・・・人間と犬ではやはり違うんだね~。

NoTitle

レイか~ちゃん、お久です。
お正月休みに旧コソ練チ~ムに集合かけて遊ぼうなんって考えてたんだけど、色々考えなきゃいけない事が多そうですダ。
歯磨き情報ありがとうです。
キシリト~ルは使用していないものを以前から使ってます。
歯磨きおやつなんって物も、歯ブラシで磨けば済む事なんで一切あげてないし。
今でも結構売り場にキシリト~ルの入った物が売られてるのが信じられないよね。
売り手はワンコの健康の事なんて関係ないんだね。全く・・・。
レイちんは元気そうで何よりです。
引っ越した先の環境が良いのかな?
やっぱ元気に生きて行くには『田舎』がええです。
人もワンコも。

NoTitle

かなやん、励ましの言葉をありがとう。
膀胱炎は足を上げてもしない時があったので一度尿検査をと思っていたんだけど、2日続けて発作が合ったので尿検査どころではなくてね。
朝散は今は2枚着せて出掛けてます。
昨日は朝夕とも敷地内での排尿だけだったし・・・。
それよりも何よりも、やっぱ心臓だよね。
今思い起こせば、確か1歳頃に河川敷で時々会うGシェパードに襲われそうになって腰を抜かした時があったんだ。
それも心臓がバクバクして起きた不整脈の発作だったのかもしれないなあ~。
どちらにしても『コブ』が病的にしろ先天的にしろ不整脈があるのは事実なので、それに合った生活を考えねばね。

NoTitle

ほんとだよ~便りの無いのは元気は証拠!って思ってたら・・

BAMBIさんも辛いだろうけど、運動制限で失神したり、嘔吐なんかの辛さと向き合わなくて済むのなら、それに越した事は無いのでしょうね。

疾患があっても、それにあった生活を与えてもらえない仔はいっぱい居ます。
きちんと原因を調べて、対策をたててくれるご主人様。
本当に幸せだよ!BAMBIさん!

そういえば、ハミガキのことで気になる記事がありました。
すでにご存知で対策済みかもしれませんが・・・
一応、これが原因だったりしたりしないかな?っと思ったので目を通してみてくださいませm(__)m

http://blogs.dion.ne.jp/shinshia/archives/4648470.html

Fight!

オジンガーさんの調子もよくなってきてたしBAMBI君の調子がよくなってきてたからブログも覗くだけで安心してたのに…

室内と室外の温度差がだいぶある時期だけに、心臓に疾患ある子は辛い時期ですよね。 冷えと膀胱炎も切っても切れないものだし… 以前と比べると運動量が減ってしまってるからどうしても弱り目に祟り目…で膀胱炎になりがちなのかなぁ。

↓に書かれていたアメリカのJRTの血統書の発行について、以前文書で読んだ事ありましたよ。
アイチェック、イアーチェックなどを済ませてからって…
股関節・膝関節の部分の検査は含むのかはどうだったか忘れましたが。

確実に最近は上記4つの疾患を抱えている若いジャックが多い感じがします。 

話がそれちゃいましたが、BAMBI! キミの疾患をうまく受け止めてくれる家族がいて君はラッキーだぞ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ojinger.blog28.fc2.com/tb.php/178-24dde603

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。