偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ・・・

明後日、午後から名古屋地方裁判所で野並水害訴訟の判決が下ります。
今日の朝刊(中日新聞)に大きく取り上げられてたけど、今年の9月でもう6年も経つんだよねえ~。
でも記事に載っていた水産業を営んでいた御夫婦は未だ『復興』の二文字から程遠く、水害が引き起こした御主人の病気と戦っておられる。
水害のショックから病気になり、自殺未遂も何度もしてしまったらしい。
自分も水害の最中、水害の直後と何度同じような事を考えたと事か・・・。
死を選ぶことは簡単かもしれない。生きて行く事のほうが、そりゃあ~大変だ。
でも生きているからこそ得られる楽しみや幸せがあると思い、頑張った。これも家族あってこそ、頑張れたのだけどね。
裁判には当然『勝ち』『負け』があるのだけど、今回裁判を起こした意味ってのは損害賠償が目的ではなく治水対策を万全にして貰うための行政への『圧力』が目的なのです。
1500億余りをかけて現在進行形の治水対策、まだまだ不安を解消するものではないにしろある程度評価は出来る。
昨年の集中豪雨で隣の区で床上浸水があった時でも、此処野並に被害はなかった。
ちゃんとした治水対策を行っていれさえすれば、ある程度水害は防げるものだ。過去の実体験を疎かにせず、未来に繋がる行動を今回の治水対策のみならず自分の実生活にも生かさなければ!

明後日は原告団役員でもあるので、仕事を休んでカミさんと傍聴に行く。
TV・新聞全社が取材に来るようだ。
『勝訴』でも『和解』でもお金が問題ではないのでどちらでも構わないが、『敗訴』だけは勘弁して欲しい。
色々調べていくうちに行政の怠慢さがどんどん浮き彫りにされていくだけに、今も苦しんでいる住民のためにも裁判官が正しい目で正しい判決を下して欲しいものだ。
天気予報では明後日は雨が降るんだよねえ~。
『涙雨』ではなく『嬉し涙』になるとええなあ~・・・。





16nonami2.jpeg

16nonami8.jpeg


上の画像は共に我家から100メートルぐらい南の主要道路。
市バスが屋根近くまで水没してる。
残念ながら我家は此処から北に100メートル離れてるだけで、此処より1メートル深く(我家の前の道路で3メートル)水没してしまった・・・。

« 親として・・・|Top|新種?MIX? »

コメント

かなやん、気にかけてくれてありがとう!
明日は夫婦揃って裁判官に眼力e-317飛ばしまくって来ますです。(笑)

先ほど

日経の夕刊を読んで、オジンガーさんの顔が思い浮かびました。
明日の判決…とても気になります。

涙の雨にならないことを祈っております!

ライル母さん。
そうなんです。早いもので6年ですよ。
でもでも、不景気も追い討ちをかけてまだまだ傷は深いです。
通常裁判が終わって判決が下りるまで差ほど期間は必要ないのだそうですが、今回は数ヶ月判決までに期間があったので裁判官も判断に苦慮しているそうです。(弁護士談)
名古屋市の怠慢を認めて貰えると信じております。

もう6年になるんですね。
同じ区に住んでいる住人としては、とても他人事とは思えない出来事でした。
裁判官の公正さを信じています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ojinger.blog28.fc2.com/tb.php/39-cee1ce18

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。