偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老い

理想的な≪老い≫って難しい。
老いて来ると『誰にも迷惑掛けずに・・・』と思うのだけれど、残念(?)な事に誰の手も煩わせずに一生を終える事など到底無理。
ならばせめて人生の引き際を奇麗に(見た目ではなく精神的に)と切に思う。
先日我が母親と衝突。
久しぶりと言うか人生初めてなぐらい激怒した。
1時間ぐらい体の震えが収まらず、仕事も中断。
なんでああも自己中心的な事が言えるのかと思うほどで、自分の母親ながら呆れるとともにどうしようもない寂しさが。
≪老い≫が始まるとその人の欲してたものが前面に出て来ると、以前何かで読んだ事がある。
≪食≫であったり≪お金≫であったり・・・。
ただ全ての人がそうなる訳ではないので、それまで生きた来た過程で如何に物事に執着せずに生きて来たかがその分かれ目でもあるんでしょうね。

それにしても病的ではないにしろ、やはり年々その傾向が強くなって来たなあ~。
寂しい事だが現実なものとして受け入れなきゃいけない。
そうは言っても心に受けた傷は簡単に埋まるはずもなく、出るのは溜め息ばかり・・・。

« リベンジ|Top|今年の締めくくり »

コメント

ヨッシ~♪
ホント、難しいです。
我が母なんぞは息子夫婦と同居しているので、年金独居の人から比べれば幸せな筈なんですがね。
どうしても平和ボケと言うか、そう言った環境にドップリ浸かってると『もっと』っと言うような欲が顔を出してしまうんでしょうね。
いずれは自分もそう言った年代に差し掛かるので、今からあまり物事に執着しないよう心掛けなきゃです。

マフマフ、本当に良かったッスね。

難しいね・・・。
どうしても歳を重ねると、頑固になったり、自分中心になるのはやはり仕方ないのかな。。。
心の奥底の自分ではどうしようもない不安がそうさせてしまうのかもしれませんね。


マフマフのこと、ご心配いただきありがとうございました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。