偶BLO(たまブロ)

'99年生れのオッサンJRTと’11年生まれのトイプ~との日々を偶~~~にUPするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因判明

一向に良くならない体調。
一昨日も苦しんだので、思い余って今月2度目の治療院通い。

ここから先はマニアック(?)な話。
今月2度目にして要約今回の腹痛の全貌が明らかに。
結論から言うと、やはり『霊障』。
しかも20年ほど前に他界した、3つ上の自分の従兄弟。
先月伯母からの電話に出た時に、足の付け根に腫瘍が出来ゴールデンウィーク明けに手術をするって言うのを聞いた。
親父と同じ年なので、今年79歳。
今迄何回も癌の手術をしているが、驚異的な生命力で元気な伯母である。
伯父をかなり若い時に亡くしているので息子と2人暮らしであった。
その息子にも先立たれ、そのお嫁さんと3人の孫たちとは仲は言いのだが一人住まい。
今回の手術あたり、その息子が母親である伯母を心配して自分に憑いているようだ。
本来癌などの悪い病巣を持っていると痛む箇所は移動したりしないのだが、今回の自分の場合お臍の上辺りだったり、横だったりと日替わり(?)で移動する。
昨日の波動を見て貰った時でも、癌の反応は全くなく『霊障』のみ。
先日言われた『竜神様』などは、未だお題目250巻余りしかあげてないけどもうすっかり取れて上の世界に帰られたよう。ありがたい(合掌)
なので昨夜から従兄弟が自分の体から離れてもう一つ上の世界に戻って貰うよう、300巻のお題目をあげるよう言われた。
昨夜寝る時はまたかなりお腹が痛んだが、今朝までに80巻余り唱えたのが幸いして夜中に痛む事もなく目覚めも割りと良い。
治療院の先生曰く、貴方もまた一つ位が上がったと。
江原啓介さんの本にはこの世にはあの世から修行に来るために人間と言う肉体に宿るとか。
と言うことは今回その位が一つ上がったと言うことは霊的な位が上がったって事なのか?
良く判らない世界だけど、何だかありがたい気もする。
最近では江原さんの本だけでは満足(?)せず、『法華経』に関する本までも読むようになってしまった。
決して仏門に入ろうとか団体に入信するなんて事は全く無いのだが、『仏様』との係わりは全く無かった訳ではないらしい。
そもそも自分が中学1年の時に通っていた中学の創立何10周年だかの記念行事で、名古屋市公会堂で行った劇にお寺の住職の役で出たんだよね。
その時にお経をあげるシーンがあって、自分が通っていた幼稚園がお寺だった事もありお経を教えて貰いに。
暗記してお経が言えるまでに練習して本番に備えた事もあった。
それが係わりの初めだったようなのだ。
江原さんの本にも『この世の中の出来事はは全て必然で、偶然ではない』と言うような事が書いてある。
人間と人間の係わりも、その周りの生き物との係わりも全て自分がこの世で暮らすために必要な出会いなんだよね。
好きとか嫌いとかの問題ではなく、全てが必然なんですな。
そう思うと何だか日々の暮らしも、違った観点で見る事が出来るようになった。
良い事も悪い事も全て受け入れなくてはね。自分のために。

« 消えた・・・|Top|相変わらず・・・ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ojinger.blog28.fc2.com/tb.php/91-14e0d80d

Top

HOME

オジンガ~!

Author:オジンガ~!
よお~居りゃあ~した。ちゃっちゃっと見たってちょお~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。